購入するならメープル材のベッドがおすすめ

ベッドの購入を考えるとき、購入してしまってから後悔するのは嫌なものです。主な内容として、部屋の雰囲気が変わってしまったという声が多いようです。ベッドフレームにはいろいろな種類があります。木製ベッドフレームや軽く組み立てしやすいアイアンベッドフレーム、部屋全体に高級感がでる、重厚感のあるレザーベッドフレーム、布地の柔らかい質感のファブリックベッドフレームなど、たくさんあります。そこでおすすめなのが、木製ベッドフレームです。どのような部屋にも雰囲気を壊すことなく、温かみがありやすらぎを与えてくれます。木の種類はさまざまあり、広く使われるパイン材や、調湿効果をしてくれる桐、防虫に強い檜など、まだまだ多くあります。その中でも、メープル材で作られているベッドがおすすめとなっています。

ベッドフレームに使われるメープル材と他の素材の特徴

ベッドフレームに使われる木材が違うと、効果が違ったり、強度が変わってきたりと、一言に木と言っても育った環境や種類によって違います。主要な木材と特徴を簡単に調べてみました。とても柔らかい素材で、傷やへこみが付きやすいと言われるパイン材や、硬めの材質で、家具だけではなく床材やウィスキーの樽など、様々な用途で使われているオーク材があります。その他に付加価値が優れているものでは、湿気を吸収して膨張し、収縮する事で通気性を良くして調湿してくれる桐や、木の香りに防虫や防ダニ殺菌成分があり、水に強く耐久性がある檜もあります。軽くて柔らかく、断熱や調湿性に優れる杉や、肌触りが良く経年変化が特徴で、触ったりすることで艶のある飴色に変わるチェリー材などもあります。メープル材はとても明るい木肌で、肌触りはつるつるすべすべで、硬くて重いことが特徴といえます。

メープル材のベッドがおすすめの理由

カナダの厳しい気候で育ったメープル材は衝撃や摩擦に強く、重く硬い事が特徴になっています。木目が穏やかでとても明るい乳白色の木肌ですが、経年変化で深みのある飴色へと変化していきます。そんなメープル材のベッドの特徴としては、見た目が上品で清潔感があり、お部屋に安らぎをあたえます。メープル材の持ち味をそのまま生かすことが多い為、デザインに凝らなくても見栄えが良く、他の家具との相性も抜群です。材質が硬くて丈夫なので、割れにくいと言う点も良いでしょう。毎日長い時間人を支えるベッドは高い強度が非常に大切なポイントです。メープル材が重いということは一見マイナスポイントに見られがちですが、ベッドの場合は寝返りをしたり起き上がったりする時に動かず安定しているからです。明るい木の質感を生かし、安定感があり、お部屋に合わせやすいメープル材はベッドに用いる木材で特におすすめする木材です。