メープル材のベッドが持つ魅力を解説

木材は、コンクリートや金属と違って触るとほんのりと温かみを感じることができます。それと木材そのものの香りがあります。リラックス効果とストレス軽減効果があります。とくにヒノキの香りはよくて風呂にも使われています。メープル材は木材の中でも固くて淡い色合いで杢目と光沢が特徴です。ベッドなどの家具や床のフローリング、楽器などに使われます。ベッドなどの家具や床をメープルで統一すると部屋が明るく、清潔感のあるに部屋になります。家具のデザインもシンプルなものが多い為、家具同士の違和感が少なく、統一感が出てきます。ベッドは、人が睡眠するためのもので、人生の三分の一は睡眠といわれるくらい長時間です。その長い時間のほとんどはそのベッドのうえで横になっています。そのため丈夫さが必要なのでメープルがよく使われます。

ベッドなどの家具以外でメープルを使うもの

メープルという木は、カエデ科の落葉広葉樹です。カナダの国旗の中でこのメープルがデザインされています。メープルシュガーやメープルシロップもこの木から取れます。そのため、甘い香りがするのも特徴です。とても固くて丈夫なため、ベッドなどの家具や床に使われますが、ボーリング場のレーンにも使われています。重いボールやボールが当たってはじかれたピンでも傷になりにくいです。これが柔らかい素材だったら、レーンがぼこぼこしていて、ストライクは出ないと考えられます。他には楽器にも使われます。弦を貼る弦楽器が多いようです。強い力で弦を張っているので楽器本体がゆがまないようになっています。丈夫で固さをもっていますが、加工の際にはこれが弱点となることがあります。ボーリングのピンや野球のバットもこれから作られることが多いです。

メープルはベッドのほかに燻製用チップにも使われる

木には、松などの針葉樹とナラやタモなどの広葉樹があります。ベッドなどの家具や床材に向いているのは広葉樹です。葉が落ちる落葉樹と地内常緑樹がありますが、この二つの中では、落葉樹の方が向いているでしょう。落葉広葉樹が木の質が緻密で丈夫です。メープルは落葉広葉樹でアメリカ北部やカナダで多く生育しています。国内で生育していて、家具、床材に適切なのはブナ、サクラ、ナラです。どれも杢目に特徴があります。ナラやメープルは杢目がはっきりとはしていなくて、やさしい表情をしています。もともとの色が淡い為使いこんで来たら色が少し濃くなってきます。メープル、ブナやサクラ、ナラは燻製用のチップに使われますが、これにも木材の特徴が出てきて、煙の香りや色の付き方に違いがあります。燻製を作って試してみてください。

無垢材の重厚感を軽減し、軽やかなデザインに仕上げた「ベッドフレーム ダン」。 「ベッドフレーム モデルノ」は、通常のサイズに加え、ワイドタイプやロングタイプのフレームサイズが選べるため、「魅せる」寝室を演出します。 シングルからクイーンサイズまでの各サイズ展開と、5樹種3デザインにより261通りの組み合わせが可能。 メープル材のベッドは家具蔵